カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

大雨時行(七十二候代36候)

    皆様暑中お見舞い申しあげます。
    今日は二十四節気「大暑」。
   いよいよ夏の最盛期、強烈な日差しと夜は熱帯夜。
   今年は早くから猛暑続きですね。
   ときとして大雨に見舞われるのもこの時期です。
   七十二候36候の大雨は夕立。
   でも最近の大雨はゲリラ雷雨。
   夕立は突然ザーと降っても数十分で止むため災害につながることは
   ありません。「天然の打ち水」ともいえます。
   今夏のゲリラ雷雨は凄まじい雨量で冠水被害もでて深刻な状況にな
   り、線状降水帯という言葉も耳にすることが多くなりました。


    img498.jpg


    今年春先花屋さん、傍の公園入口のカフェでいろいろな色合いの珍しい
   ケイトウを目にしました。
   絵はお友達にいただいた同じケイトウで作られた「キャンドルケーキ」です。
   まだまだ花数は多いのですが省略。


WATER FORD F3




    
   
  
  
スポンサーサイト

鷹乃学習

 今日は二十四節気「小暑」。
  バッサ、バサバサ 鷹の子 とんで
  夏空ひろがる 小暑 さらさら
  (七十二候33候)
 鷹は4月~5月にかけて卵を産み一か月の日数を経て孵化しさらに30日後本格的な夏を迎えるこの時期に巣立ちすると言われてます。
古来鷹は武人の象徴とされており、鷹の羽を象った家紋を使う家は多く武人のたしなみとされ、鷹狩が行われてましたね。
 7月1日から始まってる、京都の夏の風物詩祇園祭。
17日の山鉾巡行、四条烏丸~京の町をめぐる一大イベントです。
京都では祇園祭を「鱧祭」ともいうほど京の人々に愛されている、こちらも夏の風物詩。
祇園祭の間に鱧をいただくと病気にならないと伝えられ鱧の生命力にあやかったものと思います。


 img490.jpg


 公園入口の紫陽花です。
絵には3本の紫陽花、まだまだいっぱい~~。
秋には下に赤の彼岸花と変わります。

 ARCHES F3


    
     

半夏生

 明日は二十四節気「夏至」。
この日を境に少しづつ日照時間が短くなっていきますね。
夏至から数えて11日目が半夏生。
「半夏生」という草、烏柄杓が花を咲かせます。
田畑に雑草として生える苞の部分が小さい柄杓なので変わった名前のようです。


    img480.jpg


 絵はふたこぶママからのアレジメントのお花を「薬玉」で再びアレンジです。
平安時代宮中貴族たちが邪気をはらうために用いたようです。
やがてこれを民間も行うようになり邪悪なものを寄せつけないように鴨居や柱に下げ、京都の旧家や町屋などでよく見かける光景がいつしか目にしなくなったようです。
「薬玉」今も和服の文様に用いられていますね。


梅子黄 うめのみきばむ

 5日は二十四節気「芒種」。
六月は一年の折り返し点。
いよいよ梅雨が近づけば田植の季節ですね。
そして早苗田かがやく田の神の月。
10日、京都伏見稲荷大社「田植祭」が行われ、こちらでは早乙女の田植姿を撮影出来るとあってカメラマンに人気のようです。
 そろそろ梅の実が熟する頃。
梅の実が熟する頃は雨季に入るので「入梅」の名があります。
梅雨にまつわる言葉として・・走り梅雨、戻り梅雨、空梅雨、梅雨寒この季節の微妙な空模様を表していますね。   



     img473.jpg


 五月六日の傍の公園での絵です。
よく遊びに見えるお隣の小学3年生のお孫ちゃんがモデル。
去年までは部屋の中のもので遊んでもらえてたのに、今年から公園デビューです。
運動神経とパワーの凄さに、危な~い!こわ~いの連呼でついていけない私でした。
    
Langton F3

蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

   今日は二十四節気「小満}。
  柔らかな若葉も色濃くなり、植物の成長はいちじるしくあらゆる生命が天地に満ち始め
  る季節を迎えます。

   桑の葉のお茶を中国から持ち帰ったのは、臨済宗開祖の栄西といわれています。
  桑の葉のおかげで日本人は蚕を育て養蚕、生糸、絹織物という素晴らしい文化と産業
  をつくりだすことができました。
  栄西が著した「喫茶養生記」では、上巻に茶の効用、下巻には「桑は諸病を治す妙薬」
  として桑の効用も詳述していることはあまり知られていないようです。
  栄西が創建した京の禅寺、建仁寺に建つ「桑の碑」がその功績を伝えています。


    img465.jpg


   毎年「母の日」に届くアレンジメント。
  感動しすぎて、花冠大きくなってしまいました。

      Langton F3

 ホーム  »  次のページ