カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

菖蒲華(あやめはなさく)

     明日は二十四節気「夏至」。
    「暦便覧」の「陽熱至極しまた日の長きの至りなるをもってなり」とあるのを見ても
    いかにも太陽の力が極まるような感じがします。
    そして「夏至」は一年で一番昼が長い日ということは夜が一年で一番短い日ですね。
    「冬至」と比べると約5時間も違うようです。
     七十二候第二十九候・・夏至の頃咲くのはアヤメと花菖蒲。
    アヤメは花びらに網目模様があるのが決め手。
    花菖蒲は花のつけ根が黄色、五月に咲く杜若は花のつけ根にすっきりとした一筋の
    線があります。
    しかし「アヤメ」「杜若」「花菖蒲」の違いにはいつも苦労させられます・・私は。


      img059.jpg


     五月末頃は京都は気温が高くアッ・・という間の満開でした。

        CANSONHERITAGE 23cmx51cm


     



      


        
スポンサーサイト

蟷螂生(かまきりしょうず)

     明日は二十四節気「芒種」。
    「芒ある穀類、稼種する時するばなり」
    「暦便覧」、つまり芒種は穀物の種をまく時期と言う意味です。
    蟷螂(とうろう)とはかまきりのことですが京の祇園祭に「蟷螂山」という山
    が伝わっています。
    これは「蟷螂の斧を以て隆車のわだちをふせがんと欲す」という中国の故事
    によるものです。自ら斧を振りかざして立向かうかまきりの勇敢さを称えた、
    ことばといえるでしょう。
    蟷螂山をもつ町内に邸を構えていた公卿が南北朝の戦いで南朝方について
    戦死。その武勇をかまきりに見立て、山車のご神体としたのだそうです。
    祇園祭の中で唯一からくり仕掛けをもつ蟷螂山。
    かまきりの動きがみどころです。

      北山


     京都に転居して初めての一絵です。
    二月から絵を描く時間がなかった私は「歌を忘れたカナリヤ」と同じく色合わせに
    86歳の年齢はこんなに早く記憶力がなくなるの・・かびっくりしました。
    どうにか仕上げた一枚です。
    お花はナスタチウム、パンジーです。
    ナスタチウムは食べられる花エディブルフラワー、ピリリとした辛さが味のアクセント

      CANSON HERITAGE 23cmx31cm




麦秋至(むぎのときいたる)

    今日は「二十四節気「小満」。
   麦の穂が実り少し満ちてきた・・・
   これが小満の本来の意味だそうです。
   いつしか「万物が次第に成長して大地に満ち始める時期」と解釈される
   ようになりました。
   「歴便覧」にも「万物盈満」すれば草木枝葉繁る」と記されています。
   「盈満」は満ち溢れること。
   命があふれんばかりに躍動する時期ということでしょう。


      KIMG0117.jpg


    19日夕方無事京都北山に転居いたしました。
   娘が到着まで一日中荷物の片付け、昨日は下の孫も連れて二人で
   片づけて帰りました。
   おかげさまで今日からブログ・FacebookのUPができました。
   またよろしくお願いいたします。
   写真はいつも絵で登場してたボストンテリヤ・レクシーです。


蚯蚓出(みみずいずる)

     今日は二十四節気「立夏」。
    「暦便覧」はシンプルに「夏の立つが故なり」。
    とくに説明の必要もないほど季節にぴったりだということかもしれません。
    新緑の香り、すがすがしい風、眩しい陽差し・・。
    めずらしく今日は初夏らしい日ですね。
     七十二候第二十候は暑くなってくると道路にまで蚯蚓が出ているのを見かけ
    ます。
    普通、蚯蚓は土の中を動き回って通気性をよくし土壌を肥やすといわれます。
    蚯蚓は「歌女(かじょ)」という異名を持ち昔の人は土の中から聞こえてくる「ジーッ」
    という音を蚯蚓の鳴き声だと思っていたようですね。
    本当は「けら」などの虫の声で、この声から「歌女」と異名がついたと言われてます。


     img051.jpg

      すぐ傍の公園の中を通りスケッチ、お買い物と毎日お世話になった公園の出口
     です。
        (4日18時頃の写真です。)
     櫻、藤、辛夷、躑躅のお花も終わりすっかり新緑になりました。
     19日こちらともお別れ、京都、北山に転居いたします。
     次「小満」あちらからのUPになります。
     これからもよろしくお願いいたします。

牡丹華(ぼたんはなさく)

    明日は二十四節気「穀雨」。
   穀雨は百穀を潤す雨のことで百穀とは人類が主食とした穀物です。
   「暦便覧」でも「春雨降りて百穀を生化すればなり」となっています。煙るように
   降る春の雨。百穀だけでなくさまざまな植物を生み育んでいます。
    そして「牡丹」は漢名ですが「ぼうたん」と古くは「深見草」と呼ばれていたよう
   ですね。
   歳時記では夏の季語。この時期春から夏へと移りゆく季節の橋渡しをするよう
   に咲き始めます。
   幾重にも重なった花びらがほどけるように開いていく様子は「百花の王」の貫禄
   充分ですね。


    御苑


    今年も御苑ではユリの木の花が満開でしょう。
   毎年4月お友達とスケッチに行ってました。
   8年前の「レストラン・ゆりのき」での一枚です。

   

 ホーム  »  次のページ