カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

天地始粛

 今日は「処暑」。
昨日の暑さが今朝は陰を潜めた感じがいたします。
日中は残暑が続きますが、朝夕には秋の涼しさが感じられる日が増えましょう。
同時に「野分(台風)」のシーズンの到来です。
 夏と秋ふたつの季節が行き合う空のことを古人は「ゆきあいの空」・・と、日本人の繊細な感性を生み出した言葉ですね。
ときには、空を見上げゆきあいの空をこの目で感じてみたいものです。
 この時期の行事は越中富山の八尾で9月1日から行われる「おわら風の盆」。
日本海から吹き込む風を鎮めるために行われていた風祭り、北陸地方の風土と結びついた行事です。

img20150823103143818.jpg

 公園の夕暮れ、少しづつ日没も早くなって、開放的な季節が終わり、寂しい雰囲気です。
まだ、暑い盛りですが秋の虫の鳴き声もしました。


スポンサーサイト

冷風止

 残暑お見舞い申し上げます。
今日は二十四節気の「立秋」です。
ここ連日の猛暑からはまるで実感できませんが暦の上ではもう秋の始まりですが・・。
「犬の子草」、関東では「猫じゃらし」の穂を揺らす冷風が心地よく感じられる日はいつ頃でしょうか待ち遠しいですね。
でも傍の公園では大木の下に蝉の穴がいっぱいで蝉時雨、先日の日暮れどき哀愁を帯びたカナカナ・・と「ひぐらし」「ツクツクボウシ」秋の蝉の声を耳にしました。
 夏の行事は12日からスタートの徳島「阿波踊り」16日、京都の「五山送り火」。
ふたこぶファミリーは「妙」「法」を傍で見ることができます。

img20150808105744918.jpg

 植物も元気がない中「槿」が次々と花開き目を楽しませてくれてますが、朝顔と同じく朝方に花を開き夕方にはしぼむ一日花です。
この猛暑に負け、窓からの我が家の「槿」と少女のコラボです・・色塗りの時には描いた花は姿なく、次の花に交代してました。


  ARCHES DRAWINGBOOK F3


 ホーム