カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

虹蔵不見

 今日は二十四節気「小雪」です。
平地でも冷たい北風が吹き、だんだん冬本番に近づいていきます。
空に陽気がなくなり、虹も見かけなくなりましたね。
でも、先日の小春日和の陽気の日、公園で「木瓜の帰り花」をみかけました。
それが今日は秋から冬へという移ろいを感じさせる雨で、その内北国や山岳地帯では、雪しぐれが降り本格的な寒さになるのでしょう。
 そして祝日「勤労感謝の日」ですが昔は「新嘗祭」として古事記にも登場する日本の感謝祭。
現在でも皇室でもっとも重んじられる祭儀の一つです。

img20151123111131036.jpg

 絵は秋の収穫を感謝し家族で楽しむ「Thanksgiving Day」11月第4木曜日に行われる祝日。
アメリカでは、特に大切にされているこの日は七面鳥が祝宴のシンボルに。(400年前現マサチューセッツ州が由来の地と言われています。この地から来たふたこぶファミリー・唯一の女の子「レクシー」がコラボで入ってます。)


   ARCHES DRAWINGBOOK F3


スポンサーサイト

山茶花始開する頃

 今日は二十四節気の「立冬」。
冬の始まりで北国から雪の便りが届いたり、落ち葉を散らす風の音が冬の訪れを告げているようですね。
 しばらく続いた好天も今日から雨天が続くようですが、この時期に降る雨には「山茶花時雨」の言葉があります。
晩秋から初冬の物憂げな季節のなかで紅色をいっそう鮮やかに見せてくれる山茶花、落花も風情があり、次々と散った花びらが地面を染めてくれます。
 先日5日の「お酉さま」。
酉の日は十二日に一回ずつの日取りで、今年は三の酉まであります。
浅草のほか関東各地の大鳥神社(鷲神社・・おおとり神社)で酉の市の行事が行われてますが関西ではあまりみられません。

img20151108131721652.jpg


 傍の公園で落ち葉拾いの幼児達です。
以前は「たきび」という童謡唱歌にうたわれてましたが数々の苦難がつきまとい、最近は落ち葉焚きをしなくなりましたね。


  ARCHES DRAWINGBOOK F3

 ホーム