カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

乃東枯

 今日は「夏至」。
一年でもっとも昼が長く、夜が短かい季節。
少しづつ日没が早くなります。
でも今日は局地的大雨で被害もでています。
   
  くしゃり くしゃくしゃ なつかれくさ
  ちちんぷいぷい かれたら くすり
  (七十二候 第二十八候)

 夏枯草は冬至の頃に緑の芽を出し夏至の頃に枯れる薬草です。
七十二候には現代ではその意味がわかりにくいものがいくつかありますが、「乃東枯(なつかれくさかるる)」もそのひとつ。
 今頃から咲き始める合歓の花がありますね。不思議な響きには安らぎが感じられます。
夜になると葉を閉じ、一番星が光始める頃蕾が緩み始め、房を上向き咲く合歓の花。
 一日花です。


     img176.jpg


 ふたこぶファミリーから「母の日」「誕生日」は毎年お花のプレゼントです。
今年もありがとう~。


    
スポンサーサイト

腐草為蛍

 今日は二十四節気「芒種」です。
稲や麦など種がある作物の種をまく季節。

   ぽおっと川べに ほたるがふわり
   すう~っと ともって ふう~っと きえて
   さみだれ しゃぼんと あじさいさいた
   葉っぱに ぴっとり かたつむり
        (詩・白井明大 七十二候の二十六候より)
 腐った草などの下でふ化した蛍が光をともしてまいとぶ頃。
水辺で見かけるのはゲンジボタルやヘイケボタル。
そろそろ梅雨入りの報も届く頃になりますね。


img167.jpg


立葵は丈が長く梅雨入り頃に下から花を咲かせ、梅雨明け頃にまで毎日
新しい花を咲かせ2ケ月近く咲き続けます。
風に揺らぐ八重の花びらは繊細で綺麗です。




    



  

 ホーム