カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

桐始結花

 今日は二十四節気「大暑」。
文字どうり夏の最盛期。
強烈な日差しが照りつけますが東京は今日涼しい大暑ですね。

  ざっざか 桐の実 こずえにゆれて
  むわむわ 地面に 打ち水 パシャリ
  ざんぶり 夕立 からっとあがり
  ぽーんと花火だ すいかにガブリ
  うっしし 土用だ 丑の日だ
  うのつくたべもの せいがつく
  夏まっさかり さんさん 大暑
     (七十二候 詩白井明太・・大暑より)
  夏空にあらわれる入道雲、俳句では「雲の峰」気象用語では積乱雲。
 夏の午後夕立や雷を呼び激しいにわか雨が降るのもこの時期ですね。

  24日は京都祇園祭、華麗な都絵巻「山鉾巡行」は後祭です。
 そして8月1日から東北地方で飾物行事「ねぶた祭」が始まります。


    img198.jpg


  夏、くっきりとした鮮やかな橙色に黒い斑点のあるなんとも印象的な鬼百合。
まもなくこのあたりは涼しげで女性的なたかさご百合がいい香を漂わせてます。
我が家もどこからか飛んできた種が方々で開花をします。

    ARCHES F3


  


 
スポンサーサイト

蓮始開

今日は二十四節気「小暑」。
この日から暑中に入ります。
梅雨があけるといよいよ夏本番。

   ゆうらり 七夕 月の舟
   ひいらり 短冊 おねがいなあに
   ほわあっと 蓮の 花ひらく
   パラパラ ひんやり 青時雨
         (「七十二候」第三十二候より)
  蓮は早朝から午前九時ころまで、まっすぐ凜とした美花を咲かせる姿が聖性
  の象徴とされてきました。仏教では菩薩が蓮華の台座に座し、往生した人も
  蓮華座に座るとされています。

  今日ソユーズ号打ち上げ成功・・七夕に夢がかないますよう~。
  そして彦星と織女は天の川をはさんで年に一度だけ会うことが出来ますよう。
  こちらは地上の恋愛を天上に託し日本らしいうるおいのある夏の風俗行事ですね。


   img188.jpg

花小金井水道道路、教会の裏にある小さい公園です。

  
  
   


 ホーム