カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)

  今日は二十四節気の「小雪」。
 北国、山岳地帯では雪が降りはじめ、本格的な寒さに至る前の小雪。
 24日は関東地方も雪マークがつきましたが、予報どうりほんとかしら・・と想像つかぬ
 今日はあたたかい陽射しですね。
    
     ざざっく ざざっく こがらしふいて
     どっと はらった 冬枯れ 木の葉
     まっかなほっぺの 小雪 すっぽり
       (作・白井明大七十二候第五十九候より)
 ついこの間まで鮮やかな赤や黄色に染まっていたのに冬将軍が木の葉を払い落とし、後
 は無彩色の世界に変わります。
 寒林という言葉もありますが、凜として立ち尽くす冬木の間からこぼれる冬の星座のきらめ
 きも印象的な季節です。



    img296.jpg


   花の少ない初冬から一服のオアシスのような「山茶花」。
  まわりの木々も紅葉し、色塗り終わった頃は落ち葉がいっぱい、この中を歩くのもたのしい~。
スポンサーサイト

金盞香

 今日は二十四節気「立冬」。

   あかあかさざんか にぎわう かきね
   ぱちぱち たき火の 石焼きおいも
   くんくん どこから いい香り
   くゆらり ただよう 水仙いちりん
   冬のおとずれ 立冬 たんたん
 ここでいう「きんせんか」とは春に咲くキク科の金盞花ではなく水仙のことをさしています。
金盞香さく・・水仙の花が咲き始める11月~3月頃。
「金盞」は黄色の杯(さかずき)のことで6枚の花びらの真ん中に黄色い冠のような副花冠を
持つ水仙の異名です(七十二候 第五十七候)。



   img291.jpg


 先日お向かいで芋掘りでした。
ポーズをしていただいての一枚です(モデルは別人ですが・・)。
そしてずんぐり大きなお芋を沢山いただきました。
江戸時代から貴重な食べ物でしたが、近年は芋焼酎の原料にも使用されてますね。


    ARCHES F3


   



   

 ホーム