カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

葭始生(あしはじめてしょうず)

 今日は二十四節気「穀雨」。
春の雨は草木の生育をうながし花の蕾を膨らませます。
ここ4日連続夏日が続きましたね。
やっと今日春らしい陽気です。

 水辺で葭(あし)が芽吹きだす頃。
葭の芽吹きは「角ぐむ」という独特の言葉があります。
葭は「悪し」に通ずるところから「よし」といわれ、葭ず、葭戸・・京の町屋では夏が近づくと家中の襖や障子戸を取り払って涼しげな葭製の建具に入れ替えます。
 その国内産葭を育てる琵琶湖岸の水郷地帯で早春の風物詩として知られているヨシ焼き。
これにより芽吹きが良くなり若い緑が戻り、夏には3・4メートルにも伸びるようですね。


    img445.jpg


 満開の櫻が花吹雪と同時に色鮮やかなチューリップが主役になりました。
お日様が当たると大きく開き夕方になるとしぼむチューリップ。
でも何日かすると閉じる力が失われ、花びらが外れかけ、バラバラに散ってゆきます。

Langton F3


     
スポンサーサイト

鴻雁北(こうがんかえる)

   今日は二十四節気「清明」。
  文字通り穏やかな陽気が続く頃になりました。
  そして自然界を彩るのは櫻咲くまっただ中です。

     ついっと つばめが やってきた
     ぽかぽか あったか 春のなか
     バサバサ 雁は かえってく
     ひゅうっと すずしい 北国へ
        (七十二候より)

   春は新年度、新学期頃南で冬を過ごした燕が海を渡って戻ってきます。
   日本に戻ってくる渡り鳥がいれば北へ帰る鳥もいますね。
   中でも特に郷愁を誘う帰雁の列は「雁の別れ」「名残り雁」「春の雁」去って行く雁を
   惜しむ気持ちと爛漫と花咲く日本の春に背をむけて帰る雁たちの鳴き声の悲哀の情
   を万葉の時代から多く詩歌に詠まれてます。
   現在飛来する所は宮城県の一部のみのようですよ。


    img436.jpg

    薄暮の我が家の「やお櫻」です。
   一両日で満開と思いますが櫻散る頃はご近所へご迷惑申し訳なく思います。

      LangtonPrestige F3  






 ホーム