カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

大雨時行(七十二候代36候)

    皆様暑中お見舞い申しあげます。
    今日は二十四節気「大暑」。
   いよいよ夏の最盛期、強烈な日差しと夜は熱帯夜。
   今年は早くから猛暑続きですね。
   ときとして大雨に見舞われるのもこの時期です。
   七十二候36候の大雨は夕立。
   でも最近の大雨はゲリラ雷雨。
   夕立は突然ザーと降っても数十分で止むため災害につながることは
   ありません。「天然の打ち水」ともいえます。
   今夏のゲリラ雷雨は凄まじい雨量で冠水被害もでて深刻な状況にな
   り、線状降水帯という言葉も耳にすることが多くなりました。


    img498.jpg


    今年春先花屋さん、傍の公園入口のカフェでいろいろな色合いの珍しい
   ケイトウを目にしました。
   絵はお友達にいただいた同じケイトウで作られた「キャンドルケーキ」です。
   まだまだ花数は多いのですが省略。


WATER FORD F3




    
   
  
  
スポンサーサイト



鷹乃学習

 今日は二十四節気「小暑」。
  バッサ、バサバサ 鷹の子 とんで
  夏空ひろがる 小暑 さらさら
  (七十二候33候)
 鷹は4月~5月にかけて卵を産み一か月の日数を経て孵化しさらに30日後本格的な夏を迎えるこの時期に巣立ちすると言われてます。
古来鷹は武人の象徴とされており、鷹の羽を象った家紋を使う家は多く武人のたしなみとされ、鷹狩が行われてましたね。
 7月1日から始まってる、京都の夏の風物詩祇園祭。
17日の山鉾巡行、四条烏丸~京の町をめぐる一大イベントです。
京都では祇園祭を「鱧祭」ともいうほど京の人々に愛されている、こちらも夏の風物詩。
祇園祭の間に鱧をいただくと病気にならないと伝えられ鱧の生命力にあやかったものと思います。


 img490.jpg


 公園入口の紫陽花です。
絵には3本の紫陽花、まだまだいっぱい~~。
秋には下に赤の彼岸花と変わります。

 ARCHES F3


    
     

 ホーム