カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

禾乃登 こくものすなわちみのる

     明日は二十四節気の「処暑」。
   「処」は落ち着くという意味を持った漢字でまだ残暑は厳しい日もでてくることで
   しょう。ただ台風の被害を受けやすいのもこの頃ですね。
     末候の頃はいよいよ実りの季節。
   実った稲や麦の穂先を見ると針状のもの突起が「禾」のぎです。
   見慣れないこの漢字は穂を垂らした稲の姿を表したものとされています。
     最近、夕方隣の野菜畑で目にするのが沢山の蜻蛉。
   亡くなった人の魂をのせてくる「精霊蜻蛉」でしょうか・・。
   ふるさとへの郷愁と重なる赤蜻蛉」・・。
   蜻蛉の飛び交う空は、日本の原風景の一部といえるかもしれません。


     img511.jpg


    公園傍のCafe「ONE POINTO」を久し振りのスケッチです。
  いつも通ってるとオーナーさんが声をかけてくださり中を覗くと絵になりそう~。
  親切に植木鉢を動かしてあげる・・とか、お水をのみなさいと、申し訳なくて
  どうにか絵に。
  描きこみしよう~と思ってる間に長い20日までお盆休み。
  少しはCafeの雰囲気わかりますか~・・。



スポンサーサイト

蒙霧升降・・ふかききりまとう

 明日7日は二十四節気の「立秋」。
今日この頃の暑さからはまるで実感できませんが、暦の上ではもう秋の始まりです。
ただ昔は、日が落ちれば心地よい風が吹き始める時期だったのかもしれません。
立秋の末候ともなれば、ところによって深い霧も立ち始めます。
「細小波(いさらなみ)」小さな波のことかと思えばそうでなく、霧のことでした。
大海原のような空をゆったりと動いていく白い霧。
それを小さな波にたとえたというわけですね。
「蒙霧升降」の「蒙霧」を「もうむ」と読めば、もうもうとたちこめる霧。
 太陽の光にも衰えが見え始め小さい秋が少しづつ見つかるといいですねが、今年はどうでしょう~か。


     img501.jpg


 今、我が家では窓から「槿」の白と八重のピンクが今を盛りと咲いてます。
でも、朝顔と同じく一日花ですね。

  WATERFORD F3



 ホーム