カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

橘始黄

    今日は二十四節気「小雪」。
   冬本番に近づいてますね。

     ぴかぴか ひかる実 黄色い実
     ゆさゆさ たちばな たべたらスッパ!
   「小雪」の末候で橘の実が黄色く色づき始める頃。

   垂仁天皇の命により、いつまでも香りの消えないという非時香菓
   (ときじくのかぐのみ)を求めて常世の国(不老不死の理想郷)に
   渡った田道間守(たじまもり)が持ち帰ったという伝説がある橘は
   日本の特産種です。
   「古事記」や「日本書紀」の時代には「菓」といえば果物のことをさ
   しました。


    img544.jpg

    窓からみえる小菊、少しいただいてきました。


       Langton F3


スポンサーサイト

地始凍

    明日7日は二十四節気「「立冬」。
   いよいよ冬の始まりの季節です。
   木枯らし一号が落ち葉を舞い散らし冬の訪れを告げました。
   晩秋から冬へと足早く移り変わり大地が凍る頃でもあり、昔は「こたつ開き」
   に丁度いい時期とされてました。
    この頃の季の花・菊、平安時代以後「菊花の宴」を催し菊酒を飲む行事が
   あり、続いて旧暦十月五日には「残菊の宴」を開催したこれが江戸時代まで
   続いていたのは菊を愛でる酒宴がお気に入りだったようです。


    img540.jpg


    ふたこぶ君が夏休みの宿題で京都美術館へ行った折にフィンセント・ファン・
   ゴッホ自画像の葉書を送ってくれました。
   模写の一枚ですが・・コールセットが邪魔して最低の模写です。


      Langton F3
   




    

 ホーム