カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

麦秋至(むぎのときいたる)

    今日は「二十四節気「小満」。
   麦の穂が実り少し満ちてきた・・・
   これが小満の本来の意味だそうです。
   いつしか「万物が次第に成長して大地に満ち始める時期」と解釈される
   ようになりました。
   「歴便覧」にも「万物盈満」すれば草木枝葉繁る」と記されています。
   「盈満」は満ち溢れること。
   命があふれんばかりに躍動する時期ということでしょう。


      KIMG0117.jpg


    19日夕方無事京都北山に転居いたしました。
   娘が到着まで一日中荷物の片付け、昨日は下の孫も連れて二人で
   片づけて帰りました。
   おかげさまで今日からブログ・FacebookのUPができました。
   またよろしくお願いいたします。
   写真はいつも絵で登場してたボストンテリヤ・レクシーです。


スポンサーサイト

蚯蚓出(みみずいずる)

     今日は二十四節気「立夏」。
    「暦便覧」はシンプルに「夏の立つが故なり」。
    とくに説明の必要もないほど季節にぴったりだということかもしれません。
    新緑の香り、すがすがしい風、眩しい陽差し・・。
    めずらしく今日は初夏らしい日ですね。
     七十二候第二十候は暑くなってくると道路にまで蚯蚓が出ているのを見かけ
    ます。
    普通、蚯蚓は土の中を動き回って通気性をよくし土壌を肥やすといわれます。
    蚯蚓は「歌女(かじょ)」という異名を持ち昔の人は土の中から聞こえてくる「ジーッ」
    という音を蚯蚓の鳴き声だと思っていたようですね。
    本当は「けら」などの虫の声で、この声から「歌女」と異名がついたと言われてます。


     img051.jpg

      すぐ傍の公園の中を通りスケッチ、お買い物と毎日お世話になった公園の出口
     です。
        (4日18時頃の写真です。)
     櫻、藤、辛夷、躑躅のお花も終わりすっかり新緑になりました。
     19日こちらともお別れ、京都、北山に転居いたします。
     次「小満」あちらからのUPになります。
     これからもよろしくお願いいたします。

 ホーム