カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

天地始粛(てんちはじめてさむし)

     今日は二十四節気「処暑」。
    「処」は落ち着くという意味を持った漢字で「暦便覧」に「陽気とどまりて初めて
    退きやまんとすればなり」とあるように、暑さがおさまる時期ということです。
    「天地始粛」の「粛」には、静まる、ひきしまるという意味があり暑さの勢いが落
    ちついてくると、空気が澄みきった感じがします。
    秋の気配の中で聞こえてくる物音を昔の人は「秋の声」と云いました。
    風雨、木の葉、虫や鳥の声、足音・・耳を澄まして向かい合ったのでしょう。


      岩倉


      絵は5日娘が夕食を一緒にと迎えにきました。
     車に乗るだけなのに39度からの日射しは凄~~い。
     部活から帰宅した孫と「クレープメゾンMock」へ。
     この猛暑と宝ヶ池トンネルを下る二車線の途中のCafeで流石人様も少なくどのお
     席でも 孫とのお三時でした。


         ARCHS 23x31cm
スポンサーサイト



涼風至(すずかぜいたる)

     明日は二十四節気「立秋」。
    立春以上に現代人にとって違和感を覚えるのが立秋かもしれません。
    「暦便覧」も立春のときと同じように「初めて秋の気立つが故なればなり」。
    とはいえ、秋の気配さえ感じられないというのが実感ではないでしょうか。
    この連日の猛暑せめて日没後少しでも涼風を感じられる日が何時頃くる
    のでしょう。でも空の上では季節の変わり目ごとに隣り合う季節が出会い
    ます。中でも夏から秋へ移り変わる空を「行き合いの空」と呼ぶことが多い
    ようです。
    空の色、雲の形、高さ等変化がわかりやすいからでしょうか。


     img067.jpg


      涼しい日があるかと待っていましたが連日の猛暑、牛若東通りの坂を下り
     北山通りを行くものの午後三時頃の強烈な日差し、照り返しまたしても目的
     地まで行かず漢方茶カフェに入りました。
      いただいたお茶は「美肌茶」。
     お茶の内容・・・桃の葉・すぎな・なつめ・ハイビスカス
      ハイビスカスには眼精疲労に
      スギナには髪と爪を健康に
     他に八宝茶・泣きたい茶・ダイエット茶・疲労回復茶・瞳ぱっちり茶・等々。


          ARCHS 23x31cm
     
     
 

 ホーム