カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

     今日は二十四節気「春分」です。
   春分は極楽浄土に最も近づける日と考えられ「彼岸」と呼ばれ「暑さ寒さも彼岸まで」
   という言葉どおり体感で春を感じられますね。
   この春分から夏至の前日までが「春」となります。
   又、雷も鳴りやすくなる時期で立春後初めて鳴る雷を「初雷」。
   啓蟄の頃に鳴る雷を「虫出し」。
   いずれにしても春の雷は一つ二つで鳴りやむことが多いようです。


     img131.jpg


     絵は一条戻橋の「河津櫻」・・9日は満開。
    一条戻橋にはとても歴史があり、794年の平安京が作られる時堀川にかけられ都の内
    と外を分ける橋でした。
    戻橋の名前の由来として「撰集抄」巻七で漢学者三善清行の葬列がこの橋を渡った
    時子の浄蔵が棺にすがり祈ると清行が生き返ったということから「戻橋」と言う名前が
    ついたようです。
    太平記剣の巻によるとその頃源頼光の四大王の一人であった渡辺綱が深夜この橋
    の東詰で容貌美しい女子にやっした鬼女に出逢ったという伝説もあるところです。
    この橋は平成7年に新しく架け替えられ、約100メートル近くの清明神社の一の鳥居
    をくぐると先代の一条戻橋で使われてた欄干の親柱を境内に移し再現してありました

    


    
スポンサーサイト



桃始笑(ももはじめてさく)

     今日は二十四節気「啓蟄」です。
    春の役者たちが次第に顔をそろえて、春らしい色が感じられるように
    なってきます。
    七十二候で「桃始笑」は「咲」ではなく「笑」となっています。
    昔は花が咲くことを「花笑み」と云って・・愛らしい表現ですね。
    中国に伝わる不老不死の女神、西王母は三千年に一度実がなり、食
    べると長生きができる桃を持っていたといいます。
    ところがいつしか普通の桃も「三千年草(みちとせくさ)」と呼ばれるよう
    になり桃は長寿の象徴ともなりました。


       img117.jpg


     絵は先日「レモン館」スケッチに行く途中、昭和な街並みにさりげなく
     暖簾を揚げ通り過ぎてしまいそうな「粉屋珈琲」。
     京町屋をそのまま残した古風な造りになって中に入ると土間に焙煎
     機と楕円形のカフェーテーブル、華奢で綺麗なお姉さんとメタボな猫
     たぼちゃんが現れました。
     土間も天井の梁も白い土壁も京町屋をそのまま残し少し上ったカウン
     ター席見上げると天窓にファンがまわってました。
     モーニングをいただきに・・。
     クロワッサンに苺ジャム、タマゴ付き、大盛りのサラダ、コーヒーです。


        CANSON HERITAGE 23cmx31cm

    
     

 ホーム