カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

     明日(23日)は二十四節気「大暑」です。
    文字どおり夏の最盛期。暑く強烈な日差しが照りつけます。
      皆様暑中お見舞い申し上げます。
    七十二候第三十四候「桐始結花」での桐と青桐はよく混同されてきました。
    どちらも大きな葉を茂らせますが、枝や幹を見ればすぐに区別がつきます。
    青桐の方は黄緑色。よく街路樹に用いられます。
    「梧桐」とも書き中国では鳳凰が宿るめでたい木とされてきました。
    この時期白い小さな花が沢山集まって咲いています。
    そして次々と莢(さや)が垂れ下がったような実を結んでいきます。
    一方桐の方は五月に藤色の花を咲かせその形もまるで藤の房が立あがって
    いるよう。花が終わるとまもなく実を結びます。
    大暑の初候では桐の花が咲く時期となっていますが現在は百日紅や夾竹桃
    の印象が強いですね。


      img172.jpg


      絵は久し振りに粉屋珈琲店オーナーの似顔絵です。
     左手に粉屋さんの看板猫(タボちゃん)右手にサイフォン米倉涼子似の美人は
     気さくでお話が面白い。
     でもオーナーの似顔絵は失敗に終わり助け船が次の作品です。

        ARCHES 23cmx31cm

      img173.jpg


       ここのマンションの管理人MrsYasuda作の「夏の風物詩」です。
      朝顔、団扇、氷の暖簾を折り紙を折って制作。これがお見事。
      他は切り絵を上手に配置、巻きすだれを使ってのアイデアーと
      センス、器用さにいつも感心、感動して見ています。








      
      
スポンサーサイト



コメント


明日は大暑なんですね。
暑いのは苦手ですが、こんな気候も困ります。

美人オーナーが淹れてくださったコーヒーは
さぞ香り高く美味しいのでしょうね。

オーナーのお洋服の質感が丁寧に描かれていて
素敵です!!

夏の風物詩 ザ・昭和という感じで
郷愁をそそられます。

kayoさん 二十四節気「大暑」が来てしまうのですね。東京はしっかり梅雨の状態ですから「大暑」がくるの?の感じです。
粉屋珈琲のオーナーさん美人さんと判りますkayoさんの絵です!猫ちゃん片手にがアットホームでいいですね。

夏の風物詩も素敵です!これは入居者には教えて下さらないのですか。
いよいよ今週から夏空になる様子です!お身体をご自愛下さいね。

だいちゃんいつもありがとう~。

今日もニュースでの渋谷は雨降りで涼しそう~京都は蒸暑い・・。

だいちゃん昔、よくコーヒーの味はみんな一緒でわからないと言ってましたが今は美味しいのはわかりますよ。

夏の風物詩・・平和の時代のザ・昭和を思いださせますね。
絵と違う味があっていいですね~。Facebookに暑中見舞いのPCにすると
いいですね・・とコメントされた方がおられました。


メアリーさんいつもありがとうございます。

東京は今日も雨で今年は冷夏でしょうか。いや~大暑に入り梅雨が開けると
暑い暑い夏でしょうね。

粉屋珈琲の常連客さんはオーナ―美人でお話しもお上手そこがお目当て(内緒)。
看板猫ちゃんはいつも午後から外出中です。

夏の風物詩素敵でしょう~。懐かし~い昔むかしを思いださせる作品ですよ。
特に雲と台に感心~台では遠近がでてますね。

美人マスターのコーヒー店
行ってみたいですね!
切り絵の夏の表現が涼しげです

ぶっくんいつもありがとう~。

マスターとはぶっくん焙煎機からお話しが弾みますよ。

Mrs yasudaは絵を描ける方だと思います。

ぶっくんFacebookではいつもありがとう。やっぱりプロですね。
(でも不思議なお話しがあります~またTELで教えてください。)

猫の毛並み、服の模様、暖簾の質感、
とても細かく描かれていて素晴らしい絵ですね!
美人のオーナーさんが淹れるコーヒーも
美味しそうですね、飲んでみたいです(^.^)

Bunaさんおはようございます。
いつもありがとう~。

猫の毛並み流れと量感が難しいです。
最近はコールセットしてるのでペン描きが上手にいきませんよ。

粉屋珈琲店は昔の普通のお家を改造してのお店で観光地では珍しくオーナーさんが良くお話ししてくださいますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム