カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

草木萌動

 今日は二十四節気の「雨水」。
降る雪が雨に変わるころを表し、この頃の雨と日差しで木の芽も動き出すと言われてます。
 マンガやアニメの間で使われる「萌え」と言う言葉。それにしても、なぜ「萌え」が支持されるのでしょうか。
興味深いのは寒々とした冬枯れの春を待つ心、心に春の芽生えを感じるなど「萌え」は明らかに七十二候の「草木萌動」につながるのではないでしょうか。
 季の行事では、奈良時代からの一年間の無病息災を願って東大寺二月堂修二会(お水取り)。
本行のクライマックスは3月1日~14日までで、「お水取り」は13日深夜です。
関西の方ではこの頃から春が訪れるといいます。

img20160219114706523.jpg

 春に向かう柔らかい陽気に心躍らせつつ、寒暖の差の変わりやすいこの頃はインフルエンザの流行に注意したいところです。


ARCHES DRAWINGBOOK F3


スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム