カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

玄鳥至

 明日は二十四節気の「清明」。
清浄明潔の略ともいわれ、気温も寒からず暑からず、快適な時節のはずですが、気象も悪戯がありますね。
 櫻の開花を心待ちにし、満開の櫻、暖かな陽気に浮かれていたところ、昨日の春の嵐。
櫻吹雪を惜しむ中、若葉の「緑立つ」がかなり進みました。
自然界の彩りが豊かになると共に人間界でも新学年に始まり、新入社員、新たな出発を迎える月です。
 新学年が始まる頃、玄鳥(つばめ)が日本の古巣に帰ってきます。いったいどうして自分の巣を覚えているのか不思議です。

img20150404105138709.jpg

 「膨らみて膨らみゆきて白木蓮」辛夷(こぶし)とよく似ているハクモクレン、遠目には見分けがつきません。花びらが厚っぽく大振りで、花弁もハクモクレンが多いようですね。
公園の白木蓮:清楚で綺麗でしばらく満開を楽しみました。


ARCHES DRAWINGBOOK F3


スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム