カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

葭始生(あしはじめてしょうず)

 今日は二十四節気「穀雨」。
春の雨は草木の生育をうながし花の蕾を膨らませます。
ここ4日連続夏日が続きましたね。
やっと今日春らしい陽気です。

 水辺で葭(あし)が芽吹きだす頃。
葭の芽吹きは「角ぐむ」という独特の言葉があります。
葭は「悪し」に通ずるところから「よし」といわれ、葭ず、葭戸・・京の町屋では夏が近づくと家中の襖や障子戸を取り払って涼しげな葭製の建具に入れ替えます。
 その国内産葭を育てる琵琶湖岸の水郷地帯で早春の風物詩として知られているヨシ焼き。
これにより芽吹きが良くなり若い緑が戻り、夏には3・4メートルにも伸びるようですね。


    img445.jpg


 満開の櫻が花吹雪と同時に色鮮やかなチューリップが主役になりました。
お日様が当たると大きく開き夕方になるとしぼむチューリップ。
でも何日かすると閉じる力が失われ、花びらが外れかけ、バラバラに散ってゆきます。

Langton F3


     
スポンサーサイト

コメント


佳代さん 素敵ですね ! 今 私も チューリップ描き上がったところでビックリしました
色はこれからですが 早く仕上げたくなりました ありがと~ぅ!

和子さん、ありがとうございます。

日当たりの関係でしょうか・・もう葉桜で下に咲いてたチュウリツプもスタイルは気の毒な感じです。

和子さんの色塗り後を楽しみにしております。

次は牡丹でしょうか・・蕾が大きくなりましたよ。

kayoさん チューリップとムスカリですか?春爛漫なお玄関の近辺ですね。
我が家は今年は牡丹がダメになりましたので、芍薬を期待していますがどうでしょうか。
kayoさんの絵から学んだ原点ユキヤナギの季節です。小さな一つ一つの花びらを描かれたあの絵を忘れる事が出来ません。Kayoさんのお花の大ファンより。

メアリーさんそうです・・チュウリツプとムスカリですよ。
牡丹は肥料不足か今年は蕾が2個だけです。
我が家はず~と以前に芍薬は消滅してありません。
メアリーさんのお部屋の「今日の一絵」で芍薬のお花見せてくださいね。
いつも応援ありがとうございます。

メモらない私は記憶違いで歯医者さんのクリーニング午後3時15分予約と岩崎さんの月一回の静注が重なり今日は緊張と歩きに疲れました。水道道路も葉桜のトンネルでしたよ。
こちらへジュリアン達のお出掛けはありませんか。

赤、黄色、青の花花!そして緑。
色鮮やかで春らしい絵ですね!

勤め先の小学校でも桜の下でチューリップが
可愛いく咲いていました(^^♪

Bunaさんありがとう!!
チュリップが終わると雑草も茂って、いよいよ蚊が出そうです。

同じく傍の小学校も門のあたり、裏庭に咲いていました。
学校の花壇には欠かせない春の花ですね。

佳代さんのお庭は年中無休ですね!
チューリップ素敵です〜 🌷

ぶっくん今牡丹の開花待ちです。

新緑の公園も気になってますがこちらはお子の動きが激しいので
人物難問ですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム