カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

鴻雁来(こうがんきたる)

    今日は二十四節気「寒露」。
   「陰寒の気に合って露むすび凝らんとすればなり」(「暦便覧」)。
   白露の頃、きらきら輝いて見えた露も、寒々として眺められるようになったと
   いうことですね。
   とはいえ、現代の感覚では暑くもなく寒くもなく過ごしやすい時期です。
   七十二候第四十九候、かってはこの頃になると、日本各地に雁が渡ってきた
   のでしょう。
   今でも鴨の仲間を始め冬鳥たちが渡ってくるようですね。


     彼岸花


     絵は府立北山植物園での彼岸花スケッチです。
    入園すると方々に彼岸花が見られました・・が。
    ゲートを入って一番始めに多くのカメラがむけられてた「ショウキズイセン(ヒガンバナ
    科)という立札。
    よく見ると彼岸花と違い花びらが厚く皆さんが言っておられたように百合の花を感じま
    した。


         ARCHES F3
スポンサーサイト

コメント


kayoさん 山へ出掛けてました。スマホからのコメントが出来なかったので遅くなりました。
ショウキズイセンの花言葉は「陽気、元気な心」でした。彼岸花より元気が出ます。
まだ暑さが残る中でのスケッチにkayoさんのお元気を思います。
足元に気をつけてお出掛け下さいね。

10月も中旬になり日没の早いことに焦っています。

メアリ―さんありがとうございます。

ショウキズイセンの花言葉知りませんでした・・ありがとうございます。
この日も30度なく10時から14時までの外でのスケッチは暑さとまだコールセットして立って描くのに疲れました・・。
帰りはふたこぶママが気を使って連れてきてくれますけどね。

有難う。
まだ足元には相当気をつけて歩いてますよ・・そのうちに気をぬかないよう
にします。

ショウキズイセン 初めて知りました。
彼岸花にもいろんな種類があるのですね。
見頃の時期はカメラマンやスケッチャーで
にぎあうのでしょうね。
それにしても 4時間もスケッチしてらしゃる
凄い!! お元気!!

瞳パッチリ茶 頂きました。
漢方は飲みにくいかな?と
思ってましたが そんなことはなく
美味しくいただきました。
ありがとうございます。



だいちゃんいつもありがとう~。

私もこの年になってはじめて知りましたよ。
本当は赤の彼岸花を予定して花びらのそり具合など練習して・・。
ここも赤の彼岸花傍にありましたがカメラが沢山向けられてる「ショウキズイセン」を私も。

MKタクシーを10時に予約、途中コンビニで昼食用意(ピクニック気分)。
まだ長時間立ってのスケッチが無理でベンチから行ったり帰ったり、でも歩数はかなりです。

広い植物園では台風21号でかなり倒れキセイセンがはられ伐採してましたよ。

ここの漢方茶、結構、飲みやすくしてありますよね・・。

ショウキズイセンを検索しました。
彼岸花とそっくりですね~、私には見分けがつきません。
同じ時期に咲くのですか?

やはり佳代さんは、花と人物ですね 🤗
水仙はヒガンバナ科になるんですねー 👀

Bunaさんありがとう~。

インターネットでは黄色の彼岸花ですよね。
植物園のはオレンジがかった黄色、花びらは肉厚で一つ花は百合に似てて5・6個でのかたまりです。

ショウキズイセンはまだつぼみがかなりありましたよ。

ぶっくんありがとう~。

そうですね~~私は花と人が描きやすいかも。

「ショウキズイセン」めしべ、おしべの長くそってでてる姿は彼岸花ですよ。

来春スケッチにいらっしゃ~い。

ご案内できるよう調べておきますから・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム