カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

Author:Kayo
油絵・絵手紙・チャイナペインティング
70歳から透明水彩画を始めて10年
Cafeスケッチ、お花中心の風景スケッチを楽しんでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター

鮭魚群(さけのうおむらがる)

    今日は二十四節気「大雪」。
   いよいよ寒波到来、今年は早いですね。

      空はさむざむ 雪雲 もくもく
      ふうわり わた雪 六の花
      ざばざば きたのは シャケの群
      あせあせ 師走は 大いそがし
      ふりしきる雪 大雪 しんしん

     「大雪」の末候で鮭が産卵のために川を遡上してくるのは北海道、北日本
    では九月末から十月にかけてですが七十二候の言葉は時期がずれてます。


    img549.jpg


     一週間前、圧迫骨折後始めて外出したのがギャラリ―吉祥寺での佐藤和子展
    「花をみつめて」でした。
    久し振りの吉祥寺、Aoyama Flower Market TEA HOUSE で絵日記を描いて
    きました。
    こちらのカフェは一週間ごとに変わるお花、先週は白バラ。
    お花と緑いっぱい!
    描きたいものもいっぱい!
    ホッとしてついついながいをしてしまいました。      
    




 

橘始黄

    今日は二十四節気「小雪」。
   冬本番に近づいてますね。

     ぴかぴか ひかる実 黄色い実
     ゆさゆさ たちばな たべたらスッパ!
   「小雪」の末候で橘の実が黄色く色づき始める頃。

   垂仁天皇の命により、いつまでも香りの消えないという非時香菓
   (ときじくのかぐのみ)を求めて常世の国(不老不死の理想郷)に
   渡った田道間守(たじまもり)が持ち帰ったという伝説がある橘は
   日本の特産種です。
   「古事記」や「日本書紀」の時代には「菓」といえば果物のことをさ
   しました。


    img544.jpg

    窓からみえる小菊、少しいただいてきました。


       Langton F3


地始凍

    明日7日は二十四節気「「立冬」。
   いよいよ冬の始まりの季節です。
   木枯らし一号が落ち葉を舞い散らし冬の訪れを告げました。
   晩秋から冬へと足早く移り変わり大地が凍る頃でもあり、昔は「こたつ開き」
   に丁度いい時期とされてました。
    この頃の季の花・菊、平安時代以後「菊花の宴」を催し菊酒を飲む行事が
   あり、続いて旧暦十月五日には「残菊の宴」を開催したこれが江戸時代まで
   続いていたのは菊を愛でる酒宴がお気に入りだったようです。


    img540.jpg


    ふたこぶ君が夏休みの宿題で京都美術館へ行った折にフィンセント・ファン・
   ゴッホ自画像の葉書を送ってくれました。
   模写の一枚ですが・・コールセットが邪魔して最低の模写です。


      Langton F3
   




    

しぐれ時施(こさめときどきふる)

   明日(23日)は二十四節気「霜降」。
  露が結んで霜となる頃で日増しに肌寒くなり時雨も降ります。

    ぱたたたたーっと 初時雨
    もみじがさわわわん まっかにそまる
    小春日和は ぽっぽか ぽ
    ひなたぼっこの ねんねこ にゃあにゃあ
    秋のおしまい ことこと 霜降
            (七十二候第五十三候)


    img536.jpg


     ハローウインのBOXが面白いので描いてみました。
    中から可愛いいハローウィンらしいおせんべいがでてきましたよ。

        Langton F3

キリギリス在戸(キリギリスとにあり)

    今日は二十四節気「寒露」。
   
       ぎっちょん はたおり キリギリス
       深まる秋の 寒露 ころろろ

   キリギリスはコオロギのことで、秋深まり戸口で鳴く虫の音も淋しく感じられますね。
   中国には唐の時代より千二百年以上の伝統をもつコオロギ相撲が伝わっています。
   その歴史と文化が世界一の虫相撲といわれていました。


     img530.jpg

     彼岸花スケッチ途中もたもたしてる間に風で倒れ急に変更です。
    敬老の日のプレゼントのお花をスケッチですが色塗りには少々色あせてましたが・・。


        Langton F3


前のページ «  ホーム  »  次のページ